研究者総覧へ   学部データベースへ   J-GLOBALへ   ORCIDへ   researchmapへ




2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009

2018

招待講演

  1. 「難水溶性物質の評価が可能なペプチドビーズを用いた簡便な皮膚感作性試験法の開発」
    臼井健二
    日本動物実験代替法学会第31回大会
    崇城大学 (熊本県熊本市)
    2018年11月23日〜25日
  2. 「The Possibility of Use of Designed Peptides for Safety Assessment as an Alternative to Animal Testing」
    Kenji Usui
    The 4th international conference on toxicity testing alternatives & translational toxicology and the 2nd asian congress on alternatives
    中国、広州
    2018年10月9日〜12日
  3. 「人工ペプチドを用いた医薬品探索装置や医療診断マイクロアレイの開発」
    臼井健二
    メディカルジャパン2018
    インテックス大阪 (大阪府大阪市)
    2018年02月

口頭発表

  1. 「ペプチドのバイオミネラリゼーションにおける単一方向からのマイクロ波照射が及ぼす影響」
    臼井健二、尾崎誠、圓東那津実、富樫浩行、有本米次郎、裏鍛武史、大沢隆二、梅谷智弘
    第12回日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウム(Sympo2018)
    北九州国際会議場 (福岡県北九州市)
    2018年11月14日〜17日
  2. 「人工ペプチドと核酸を用いたミネラリゼーション制御による金−チタニア複合ナノ粒子の作製」
    尾崎誠、鶴岡孝章、浜田芳男、富崎欣也、臼井健二
    第12回バイオ関連化学シンポジウム
    大阪大学吹田キャンパス (大阪府吹田市)
    2018年9月9日〜11日
  3. 「アミロイド線維のプロテアーゼ分解によるナノ構造体の細胞培養基材への応用検討」
    横田晋一朗、眞下泰正、浜田芳男、原田陽滋、三重正和、小畠英理、臼井健二
    日本化学会第98春季年会2018
    日本大学理工学部 船橋キャンパス (千葉県船橋市)
    2018年3月22日
  4. 「プロテアーゼ切断反応によって核酸四重鎖構造を制御する人工ペプチドの作製」
    坂下峻吾、岡田亜梨沙、下岡正幸、鶴岡孝章、浜田芳男、臼井健二
    日本化学会第98春季年会2018
    日本大学理工学部 船橋キャンパス (千葉県船橋市)
    2018年3月22日
  5. 「細胞核指向型ペプチド-プラスミドDNA複合体の合成と赤色蛍光タンパク質発現の試み」
    片岡駿佑、臼井健二、山崎正幸、富崎欣也
    日本化学会第98春季年会2018
    日本大学理工学部 船橋キャンパス (千葉県船橋市)
    2018年3月22日

ポスター発表

  1. 「O-Nアシル転移反応を利用したpH応答スイッチングが可能なβシートペプチドのナノポアをつくる」
    赤山詩織、臼井健二
    第35回 関西地区ペプチドセミナー
    龍谷大学瀬田キャンパス (滋賀県大津市)
    2018年12月22日
  2. 「アクリジン含有Au還元ペプチドとPNAペプチドを利用したAuナノ粒子の作製・回収システムの構築」
    大浦真歩、臼井健二
    第35回 関西地区ペプチドセミナー
    龍谷大学瀬田キャンパス (滋賀県大津市)
    2018年12月22日
  3. 「PNAと光切断官能基を含有したペプチドを用いて遺伝子発現を制御する」
    坂下峻吾、臼井健二
    第35回 関西地区ペプチドセミナー
    龍谷大学瀬田キャンパス (滋賀県大津市)
    2018年12月22日
  4. 「トリプシンを用いた複数のAβフラグメントから成るナノ構造体の作製および細胞培養基材への応用」
    横田晋一朗、臼井健二
    第35回 関西地区ペプチドセミナー
    龍谷大学瀬田キャンパス (滋賀県大津市)
    2018年12月22日
  5. 「PNA含有チタニア沈殿ペプチドとアクリジン含有金沈殿ペプチドを用いて可視光励起性光触媒を作製する」
    尾崎誠、臼井健二
    第35回 関西地区ペプチドセミナー
    龍谷大学瀬田キャンパス (滋賀県大津市)
    2018年12月22日
  6. 「Cell culture substrate using digested Amyloid beta (1-40) fibril by proteases」
    Shinichiro Yokota, Yasumasa Mashimo, Eita Tatsumi, Yoshio Hamada, Youji Harada, Masayasu Mie, Eiry Kobatake, Kenji Usui
    10th International Peptide Symposium
    Kyoto
    2018年12月4日〜7日
  7. 「Photocatalytic Gold-Titania Nanoarchitecture by Mineralization Using Designed Peptides and DNA」
    Makoto Ozaki, Takaaki Tsuruoka, Kin-ya Tomizaki, Kenji Usui
    10th International Peptide Symposium
    Kyoto
    2018年12月4日〜7日
  8. 「Regulation of gene expression by photocontrolling formation of G-quadruplex structure using PNA peptide」
    Shungo Sakashita, Tamaki Endoh, Arisa Okada, Kenji Usui
    10th International Peptide Symposium
    Kyoto
    2018年12月4日〜7日
  9. 「De Novo Design of Nanopore-Forming Transmembrane Peptide with β-sheet structure」
    Keisuke Shimizu, Naoki Saigo, Shungo Sakashita, Yoshio Hamada, Kenji Usui, Batsaikhan Mijiddorj, Izuru Kawamura, Ryuji Kawano
    10th International Peptide Symposium
    Kyoto
    2018年12月4日〜7日
  10. 「Water-soluble prodrug of ritonavir」
    Yoshio Hamada, Kenji Usui
    10th International Peptide Symposium
    Kyoto
    2018年12月4日〜7日
  11. 「Unique and innovative biodetection technologies using structured and labeled peptide microarrays in combination with imaging and multivalent analyses towards diagnostics not dependent on bio-markers」
    Kiyoshi Nokihara, Yuki Tominaga, Kenji Usui, Takayuki Kondo, Masaya Ikegawa, Mu-xin Wei, Haruyuki Fujino, Atsushi Kitagawa, Shun Nokihara, Hiro-O Ito, Hisakazu Mihara, Christian Schoenbach
    10th International Peptide Symposium
    Kyoto
    2018年12月4日〜7日
  12. 「C-SPRA における難水溶性感作性物質に対する適用性の検討」
    池田英史、宮ア洋、山下邦彦、高石雅之、M田芳男、臼井健二
    日本動物実験代替法学会第31回大会
    崇城大学 (熊本県熊本市)
    2018年11月23日〜25日
  13. 「Novel HIV-1 protease inhibitor prodrugs using a degradation reaction of N-amidino-peptides」
    Kenji Usui, Yoshio Hamada
    35EPS(European Peptide Symposium)
    the Dublin City University
    2018年8月26日〜31日
  14. 「Peptidyl Microbeads for Modification of a Direct Peptide Reactivity Assay (DPRA) in Skin Sensitization Assessment」
    Kenji Usui, Hiroshi Miyazaki, Hidefumi Ikeda, Kunihiko Yamashita, Yoshio Hamada
    35EPS(European Peptide Symposium)
    the Dublin City University
    2018年8月26日〜31日
  15. 「Switch of DNA G-wire Formation Using a PNA Peptide by Protease Activity」
    Shungo Sakashita, Arisa Okada, Yoshio Hamada, Kenji Usui
    35EPS(European Peptide Symposium)
    the Dublin City University
    2018年8月26日〜31日
  16. 「Nanostructures generated by protease digestion of amyloid fibrils towords an application to cell culture substrate」
    Shin-Ichiro Yokota, Yasumasa Mashimo, Yoshio Hamada, Youji Harada, Masayasu Mie, Eiry Kobatake, Kenji Usui
    35EPS(European Peptide Symposium)
    the Dublin City University
    2018年8月26日〜31日
  17. 「Gold-Titania Nanocatalyst Generated by Mineralization Using Two Artificial Peptides with DNA」
    Makoto Ozaki, Kin-Ya Tomizaki, Yoshio Hamada, Kenji Usui
    35EPS(European Peptide Symposium)
    the Dublin City University
    2018年8月26日〜31日
  18. 「ペプチドを用いた金、チタニアのミネラリゼーション制御による可視光励起性光触媒の構築」
    尾崎誠
    第2回ナノバイオ甲龍会
    甲南大学 ポートアイランドキャンパス (兵庫県神戸市)
    2018年8月1日
  19. 「マラリア治療薬としての新規なキニーネプロドラッグ」
    M田芳男
    日本薬学会第138年会
    石川県立音楽堂 (石川県金沢市)
    2018年3月25日〜28日
  20. 「人工細胞膜システムを用いたβシートペプチドによるプログラマブルナノポアの構築」
    清水啓佑(東京農工大学)、西郷直記、關谷悠介、坂下峻吾、浜田芳男、臼井健二、川野竜司(東京農工大学)
    第1回分子ロボティクス年次大会
    東北大学片平さくらホール (宮城県仙台市)
    2018年3月5日, 3月6日
  21. 「酵素反応により核酸構造を変化させる人工ペプチドによる刺激応答感覚素子の構築」
    臼井健二、坂下峻吾、岡田亜梨紗、下岡正幸、鶴岡孝章、真嶋司、片平正人
    第1回分子ロボティクス年次大会
    東北大学片平さくらホール (宮城県仙台市)
    2018年3月5日,3月6日(火)

先頭へ


招待講演

  1. 「アルツハイマー病克服を目指したBACE1阻害剤の開発研究」
    浜田芳男
    第34回 関西地区ペプチドセミナー
    甲南大学ポートアイランドキャンパス (兵庫県神戸市)
    2017年12月16日
  2. 「アルツハイマー病克服を目指したメディシナルケミストリー」
    浜田芳男
    第1回ナノバイオ甲龍会
    甲南大学ポートアイランドキャンパス (兵庫県神戸市)
    2017年08月01日

2017

口頭発表

  1. "Detection of saliva by a peptide microarray, peptenchip, using protein fingerprints and multivalent analyses focusing on oral health care"
    Yuki Tominaga, Kenji Usui, Akiyoshi Hirata, Hiro-O Ito, Kiyoshi Nokihara
    第54回ペプチド討論会
    大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス (大阪府堺市)
    2017年11月20日〜11月22日
  2. 「二種の人工ペプチドを用いた ミネラリゼーションによる金‐チタニア複合ナノ構造体の作製」
    尾崎誠、坂下峻吾、今井崇人、鶴岡孝章、浜田芳男、富崎欣也、臼井健二
    日本化学会第97春季年会2017
    慶應義塾大学日吉キャンパス (神奈川県横浜市)
    2017年3月17日
  3. 「光リンカー含有ペプチド樹脂を用いた難水溶性物質の検出が可能な改良皮膚感作性試験法の構築」
    南野祐槻、宮崎洋、岡平理湖、目片秀明、高石雅之、山下邦彦、浜田芳男、臼井健二
    日本化学会第97春季年会2017
    慶應義塾大学日吉キャンパス (神奈川県横浜市)
    2017年3月17日

ポスター発表

  1. 「プロテアーゼを用いたAβ線維の分解によるナノ構造体を用いた細胞培養基材の開発」
    横田晋一朗、龍見栄太、柳原太志、浜田芳男、川田原瑠勇、原田陽滋、臼井健二
    第34回 関西地区ペプチドセミナー
    甲南大学 ポートアイランドキャンパス (兵庫県神戸市)
    2017年12月16日
  2. 「人工ペプチドにおける酵素切断反応を利用したDNAナノワイヤー構造体のスイッチング制御」
    坂下峻吾、岡田亜梨紗、下岡正幸、鶴岡孝章、浜田芳男、臼井健二
    第34回 関西地区ペプチドセミナー
    甲南大学 ポートアイランドキャンパス (兵庫県神戸市)
    2017年12月16日
  3. 「ペプチド固定化マイクロビーズを用いた新規皮膚感作性検出システムの構築」
    臼井健二、宮ア洋、南野祐槻、目片秀明、石雅之、池田英史、山下邦彦、M田芳男
    日本動物実験代替法学会 第30回大会
    大田区産業プラザPiO (東京都大田区)
    2017年11月23日〜11月25日
  4. 「Design of programmable pore-forming model using β-sheet peptides」
    Keisuke Shimizu, Naoki Saigo, Yusuke Sekiya, Shungo Sakashita, Yoshio Hamada, Kenji Usui, Ryuji Kawano
    第54回ペプチド討論会
    大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス (大阪府堺市)
    2017年11月20〜22日
  5. "Novel water-soluble prodrug of β-secretase inhibitor as an anti-Alzheimer’s disease drug."
    Yoshio Hamada, Kenji Usui
    第54回ペプチド討論会
    大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス (大阪府堺市)
    2017年11月20〜22日
  6. "Switch of DNA structure formation using PNA peptides with a protease substrate sequence"
    Shungo Sakashita, Arisa Okada, Masayuki Shimooka, Yoshio Hamada, Kenji Usui
    第54回ペプチド討論会
    大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス (大阪府堺市)
    2017年11月20日〜11月22日
  7. "Producing nanomaterials by digestion of amyloid beta peptide using protease"
    Shin-ichiro Yokota, Yasumasa Mashimo, Eita Tatsumi, Taishi Yamagihara, Yoshio Hamada, Rui Kawatahara, Youji Harada, Masayosu Mie, Eiry Kobatake, Kenji Usui
    第54回ペプチド討論会
    大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス (大阪府堺市)
    2017年11月20日〜11月22日
  8. "Construction of modified skin sensitization assay systems using peptidyl microbeads"
    Kenji Usui, Hiroshi Miyazaki, Yuuki Minamino, Hideaki Mekata, Masayuki Takaishi, Hidefumi Ikeda, Kunihiko Yamashita, and Yoshio Hamada
    第54回ペプチド討論会
    大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス (大阪府堺市)
    2017年11月20日〜11月22日
  9. 「ペプチドを用いたミネラリゼーションにおけるマイクロ波が及ぼす影響およびマイクロ波照射装置の検討」
    臼井健二、富樫浩行、圓東那津実、尾崎誠、有本米次郎、裏鍛武史、大沢隆二、梅谷智弘
    第11回日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウム
    ウインクあいち (愛知県名古屋市)
    2017年11月9日〜11月10日
  10. "Improvement of DPRA for Testing Poorly Water-Soluble Substances Using Artificial Peptide-Immobilized Resins Containing Photo-Labile Linkers"
    Kenji Usui, Yuuki Minamino, Hiroshi Miyazaki, Hideaki Mekata, Masayuki Takaishi, Kunihiko Yamashita
    The 10th World Congress on Alternatives and Animal Use in the Life Sciences Washington State Convention Center
    Seattle, USA
    2017/8/20-24
  11. "Modified DPRA for Testing Poorly Water-Soluble Substances Using Immobilized Peptide and Thiol or Amino Group Indicators"
    Yuuki Minamin, Hiroshi Miyazaki, Hideaki Mekata, Masayuki Takaishi, Hidefumi Ikeda, Kunihiko Yamashita, Toshio Hamada, Kenji Usui
    The 10th World Congress on Alternatives and Animal Use in the Life Sciences Washington State Convention Center
    Seattle, USA
    2017/8/20-24
  12. 「Aβ線維のプロテアーゼ分解によるナノ構造体の作製」
    横田晋一朗、龍見栄太、柳原太志、臼井健二
    第49回若手ペプチド夏の勉強会
    長崎ブルースカイホテル (長崎県長崎市)
    2017年8月5日〜8月7日
  13. 「プロテアーゼ基質配列含有PNAペプチドを用いた酵素活性によるDNAナノ構造体の形成制御」
    坂下峻吾、岡田亜梨紗、下岡正幸、臼井健二
    第49回若手ペプチド夏の勉強会
    長崎ブルースカイホテル (長崎県長崎市)
    2017年8月5日〜8月7日
  14. 「簡便かつ様々な物質の皮膚アレルギー感作性評価が可能なペプチド−光リンカー含有ビーズ」
    南野祐槻、臼井健二
    第1回ナノバイオ甲龍会
    甲南大学 ポートアイランドキャンパス (兵庫県神戸市)
    2017年8月1日
  15. 「刺激応答型設計ペプチドを用いた、G‐wire形成のスイッチング制御」
    坂下峻吾、岡田亜梨紗、下岡正幸、臼井健二
    第1回ナノバイオ甲龍会
    甲南大学 ポートアイランドキャンパス (兵庫県神戸市)
    2017年8月1日
  16. 「Aβ線維のエンドペプチターゼ分解によるナノ構造体の創製」
    横田晋一朗、龍見栄太、柳原太志、川田原瑠勇、臼井健二
    第1回ナノバイオ甲龍会
    甲南大学 ポートアイランドキャンパス (兵庫県神戸市)
    2017年8月1日
  17. "Design of BACE1 inhibitors possessing a medium-ring structure at the P3 position"
    Yoshio Hamada
    DrugDiscovery & Therapy World Congress
    Boston, USA
    2017/07/10-13
  18. 「細胞毒性からみる各種洗浄剤の毒性評価結果」
    川田原 瑠勇、三軒 隼人、藤田 敏、林 耕司、臼井健二、原田 陽滋
    第92回日本医療機器学会大会
    パシフィコ横浜 アネックスホール (神奈川県横浜市)
    2017年5月31日〜6月2日
  19. 「OPA蛍光法による医療器材の残留タンパク質抽出方法の検討」
    原田 陽滋、三軒 隼人、川田原 瑠勇、藤田 敏、臼井健二
    第92回日本医療機器学会大会
    パシフィコ横浜 アネックスホール (神奈川県横浜市)
    2017年5月31日〜6月2日
  20. 「P3部位に環状構造を有するβ-セクレターゼ阻害剤の設計」
    浜田芳男、木曽良明、臼井健二
    日本薬学会第137年会
    仙台国際センター・東北大学 (宮城県仙台市)
    2017年3月24日
  21. 「外部刺激によりDNAグアニン四重鎖構造形成を制御するPNAペプチドの設計」
    下岡正幸、岡田亜梨沙、浜田芳男、臼井健二
    日本化学会第97春季年会2017
    慶應義塾大学日吉キャンパス (神奈川県横浜市)
    2017年3月17日
  22. 「プロテアーゼを用いたアミロイド線維の分解による新規ナノ構造体の作製」
    龍見栄太、川田原瑠勇、原田陽滋、浜田芳男、臼井健二
    日本化学会第97春季年会2017
    慶應義塾大学日吉キャンパス (神奈川県横浜市)
    2017年3月17日
  23. 「ペプチド-核酸複合体の細胞内への取り込み挙動解析」
    片岡駿佑、今井崇人、臼井健二、富崎欣也
    日本化学会第97春季年会2017
    慶應義塾大学日吉キャンパス (神奈川県横浜市)
    2017年3月16日

先頭へ


2016

招待講演

  1. 「ペプチド樹脂を用いた分子認識に基づく新規皮膚感作性試験法」
    臼井健二
    2016年ハイペップ研究所第15回紅葉ワークショップ
    ハイペップ研究所(京都府京都市)
    2016年11月28日
  2. 「安全性試験代替法におけるペプチドマイクロアレイの応用展開の可能性」
    臼井健二
    第29回日本動物実験代替法学会
    九州大学医学部 百年講堂(福岡県福岡市)
    2016年11月16日

口頭発表

  1. 「プロテアーゼによるアミロイド凝集体分解過程の 簡便な検出・解析手法の検討」
    臼井健二、柳原太志、龍見栄太、川田原 瑠勇、三軒隼人 、藤田敏、原田陽滋
    第91回日本医療機器学会大会
    大阪国際会議場(大阪府大阪市)
    2016年6月24日
  2. 「マイクロ波を用いたカルシウム沈殿ペプチドによるミネラリゼーションのナノ構造制御」
    圓東那津実、有本米次郎、裏鍛武史、大沢隆二、富樫浩行、富崎欣也、臼井健二
    日本化学会第96回春季年会
    同志社大学京田辺キャンパス(京都府京田辺市)
    2016年3月24日
  3. 「ペプチドと核酸の人工複合二次構造を用いた刺激応答感覚素子の作製」
    臼井健二
    第7回新学術領域分子ロボティクス領域会議
    ホテルたつき(愛知県蒲郡市)
    2016年3月14日

ポスター発表

  1. 「アミロイド線維に対して酵素を用いて分解反応を行うことによるナノ構造体の構築」
    龍見栄太、柳原太志、川田原瑠勇、原田陽滋、浜田芳男、臼井健二
    第33回 関西地区ペプチドセミナー,
    近畿大学 東大阪キャンパス(大阪府東大阪市)
    2016年11月26日
  2. 「人工ペプチドを用いた疎水性の高い物質の検出が可能な改良皮膚感作性試験法の確立」
    南野祐槻、岡平理湖、宮崎洋、目片秀明、山下邦彦、浜田芳男、臼井健二
    第33回 関西地区ペプチドセミナー
    近畿大学 東大阪キャンパス(大阪府東大阪市)
    2016年11月26日
  3. 「ペプチドを用いたミネラリゼーションによる二種の無機物から成るナノ構造体の作製と応用」
    尾崎誠、坂下峻吾、今井崇人、富崎欣也、臼井健二
    第33回 関西地区ペプチドセミナー
    近畿大学 東大阪キャンパス(大阪府東大阪市)
    2016年11月26日
  4. 「難水溶性物質の検出が可能なペプチド固定化樹脂を用いた皮膚感作性試験法の開発1 ―光切断リンカー含有ペプチド固定化樹脂を用いた改良 DPRA 法―」
    南野祐槻、宮崎洋、目片秀明、高石雅之、山下邦彦、臼井健二
    第29回日本動物実験代替法学会
    九州大学医学部 百年講堂(福岡県福岡市)
    2016年11月16日〜2016年11月18日
  5. 「難水溶性物質の検出が可能なペプチド固定化樹脂を用いた皮膚感作性試験法の開発2 ―チオール基またはアミノ基の検出試薬を用いた分光光度計による改良 DPRA 法―」
    目片秀明、南野祐槻、宮崎洋、高石雅之、池田英史、山下邦彦、臼井健二
    第29回日本動物実験代替法学会
    九州大学医学部 百年講堂(福岡県福岡市)
    2016年11月16日〜2016年11月18日
  6. "New N-Terminal Degradation Reaction of Peptides: Application to a Decapeptide"
    Yoshio Hamada, Kenji Usui
    第53回ペプチド討論会
    京都テルサ(京都府京都市)
    2016年10月26日〜2016年10月28日
  7. "Studies of the Systematically Designed Pore-Forming Peptides Using Channel Current Recording"
    Yusuke Sekiya, Hirokazu Watanabe, Kenji Usui, Ryuji Kawano
    第53回ペプチド討論会
    京都テルサ(京都府京都市)
    2016年10月26日〜2016年10月28日
  8. "Practical Applications of Peptide Microarray for Detection of Saliva Forcusing on Periodontal Disease"
    Yuki Tominaga, Kenji Usui, Akiyoshi Hirata, Atsushi Kitagawa, Hiro-O Ito, Kiyoshi Nokihara
    第53回ペプチド討論会
    京都テルサ(京都府京都市)
    2016年10月26日〜2016年10月28日
  9. "Construction of Nanocomposites by Moltiple Mineralization Using DNAs and Designed Peptides"
    Makoto Ozaki, Yoshio Hamada, Takahito Imai, Kin-ya Tomizaki, Kenji Usui
    第53回ペプチド討論会
    京都テルサ(京都府京都市)
    2016年10月26日〜2016年10月28日
  10. "Construction of Organic-Inorganic Nanostructures by Site-Specific Precipitations on DNAs Using Artificial Peptides"
    M. Ozaki, T. Imai, K.-y. Tomizaki, K. Usui
    CBI学会2016年大会
    タワーホール船堀(東京都江戸川区)
    2016年10月25日
  11. 「異なる偏波のマイクロ波が及ぼすペプチドによるバイオミネラリゼーションへの影響」
    富樫浩行、圓東那津実、有本米次郎、裏鍛武史、大沢隆二、臼井健二
    第10回日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウム
    東北大学 青葉山キャンパス(宮城県仙台市)
    2016年10月13日〜 2016年10月14日
  12. "A Novel N-Terminal Degradation Reaction of Peptides via Guanidine Derivatives"
    Y. Hamada, K. Usui
    The 34th European Peptide Symposium and the 8th International Peptide Symposium
    Leipzig(Germany)
    2016/9/4 - 2016/9/9
  13. "Site-Specific Control for Silica and Calcium Carbonate Mineralization Using a PNA Peptide and DNA"
    M. Ozaki, K.-y. Tomizaki, Y. Hamada, K. Usui
    The 34th European Peptide Symposium and the 8th International Peptide Symposium
    Leipzig(Germany)
    2016/9/4 - 2016/9/9
  14. "Monomerization and Fibrillation Methods for Fibrosis Peptides Using SPPS Microbeads"
    K. Usui, S. Hikida, Y. Minamino, R. Okahira, Y. Hamada
    The 34th European Peptide Symposium and the 8th International Peptide Symposium
    Leipzig(Germany)
    2016/9/4 - 2016/9/9
  15. 「人工ペプチドとDNAを用いた二種の無機物沈殿による有機-無機ナノ構造体の形状制御」
    尾崎誠、山田葵、富崎欣也、臼井健二
    第10回バイオ関連化学シンポジウム
    もてなしドーム地下イベント広場(石川県金沢市)
    2016年9月7日〜2016年9月9日
  16. 「様々な物質の試験が可能な人工ペプチドを用いた改良皮膚感作性試験法の確立」
    南野祐槻、臼井健二
    第48回若手ペプチド夏の勉強会
    八王子セミナーハウス(東京都八王子市)
    2016年8月1日
  17. 「ペプチド固定化ビーズを用いた線維化ペプチドの新規モノマー化法及び線維化開始法の確立」
    疋田晋也、南野祐槻、岡平理湖、臼井健二
    日本化学会第96回春季年会
    同志社大学京田辺キャンパス(京都府京田辺市)
    2016年3月26日
  18. 「ペプチド-核酸複合ナノ構造体を形成する線維化ペプチドと二次構造形成DNAの探索」
    下岡正幸、岡田亜梨沙、柳原太志、臼井健二
    日本化学会第96回春季年会
    同志社大学京田辺キャンパス(京都府京田辺市)
    2016年3月26日

先頭へ


2015

招待講演

  1. "Development of Designed Peptides with a Secondary Structure for Use in Nanobiotechnology"
    Kenji Usui
    第52回ペプチド討論会
    平塚中央公民館(神奈川県平塚市)
    2015年11月18日
  2. 「ペプチドと核酸の人工複合二次構造を用いた刺激応答感覚素子の作製」
    臼井健二
    平成27年度公募班新規採択者発表会
    東京工業大学キャンパス・イノベーションセンター(東京都港区)
    2015年5月
  3. 「甲南大学におけるペプチド工学」
    臼井健二
    東京工業大学三原研究室講演会
    東工大大岡山キャンパス(東京都)
    2015年3月

口頭発表

  1. 「核酸と無機物沈殿配列を有するPNAペプチドを用いたバイオミネラリゼーションの位置特異的制御」
    臼井健二、尾崎誠、圓東那津実、西山浩人、山田葵、富崎欣也
    第9回バイオ関連化学シンポジウム
    熊本大学工学部 黒髪南地区キャンパス(熊本県熊本市)
    2015年9月11日
  2. 「設計ペプチドを用いた無機物の位置特異的ミネラリゼーション制御 による有機-無機ナノ構造体の構築」
    尾崎 誠、臼井健二
    第47回若手ペプチド夏の勉強会
    アスティかたおか(長野県塩尻市)
    2015年8月10日
  3. 「ペプチドとG-rich核酸の複合二次構造を 利用したプロテアーゼ応答感覚素子の作製」
    臼井健二
    第2回分子ロボティクス若手の会, 東京工業大学田町キャンパス(東京都港区)
    2015年8月1日
  4. 「設計ペプチドおよびDNAを用いた二種の無機物の位置特異的ミネラリゼーション制御」
    尾崎誠、圓東那津実、西山浩人、山田葵、鶴岡孝章、富崎欣也、臼井健二
    日本化学会 第95春季年会(2015)
    日本大学 船橋キャンパス(千葉県船橋市)
    2015年3月27日
  5. 「アミロイドβペプチドとグアニンリッチDNAを用いた新規ナノ構造体の作製」
    下岡正幸、岡田亜梨沙、柳原太志、臼井健二
    日本化学会 第95春季年会(2015)
    日本大学 船橋キャンパス(千葉県船橋市)
    2015年3月26日
  6. 「光切断リンカーを介した固定化によるアミロイドペプチドの新規モノマー化法及び線維化アッセイ法の構築」
    疋田晋也、岡平理湖、臼井健二
    日本化学会第95春季年会(2015)
    日本大学 船橋キャンパス(千葉県船橋市)
    2015年3月26日

ポスター発表

  1. "Control of Site-Specific Silica and Calcium Precipitation on DNA Using a Designed Peptide"
    M. Ozaki, N. Endo, T. Imai, K. Tomizaki, K. Usui
    Pacifichem 2015
    Honololu(U.S.A.)
    2015/12/18
  2. 「分光光度計を用いたシステイン含有ペプチドと感作性物質の反応性評価」
    宮ア洋、臼井健二、山下邦彦
    日本動物実験代替法学会第28回大会
    ワークピア横浜(神奈川県横浜市)
    2015年12月10日〜2015年12月12日
  3. 「ペプチドを用いたカルシウムのミネラリゼーションにおけるマイクロ波の影響」
    圓東那津実、尾崎誠、有本米次郎、裏鍛武史、大沢隆二、富樫浩行、皆木幸一、臼井健二
    第9回日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウム
    上智大学(東京都千代田区)
    2015年11月19日〜2015年11月20日
  4. 「酸性ペプチドを用いたミネラリゼーションに及ぼすマイクロ波の効果」
    圓東那津実、臼井健二
    第32回関西地区ペプチドセミナー(大阪府大阪市)
    2015年11月
  5. "Control of DNA Nanostructure Formation by Using a G-Rich-DNA Binding Artificial Peptide and a Protease"
    Kenji Usui, Masayuki Shimooka, Arisa Okada
    CBI学会2015年大会
    タワーホール船堀(東京都江戸川区)
    2015年11月27日
  6. "Novel Ribbon-Like Nano Structures by Combination of Amyloid-beta Peptides with Guanine-Rich DNAs"
    Masayuki Shimooka, Arisa Okada, Kenji Usui
    第52回ペプチド討論会
    平塚中央公民館(神奈川県平塚市)
    2015年11月16日〜2015年11月17日
  7. "PNA Peptide for Site-Specific Mineralization of Two Different Inorganic Compounds Using DNAs"
    Makoto Ozaki, Natsumi Endo, Aoi Yamada, Takahito Imai, Kin-ya Tomizaki, Kenji Usui
    第52回ペプチド討論会
    平塚中央公民館(神奈川県平塚市)
    2015年11月16日〜2015年11月17日
  8. 「アミロイド線維形成ペプチドと G-wire 形成 DNA の複合による新規リボン状ナノ構造体の構築」
    下岡正幸、岡田亜梨沙、柳原太志、臼井健二
    第9回バイオ関連化学シンポジウム
    熊本大学工学部 黒髪南地区キャンパス(熊本県熊本市)
    2015年9月11日
  9. 「細胞送達を目指したペプチド集合体の構造と機能評価」
    岸岡紘平、今井崇人、臼井健二、富崎欣也
    第9回バイオ関連化学シンポジウム
    熊本大学工学部 黒髪南地区キャンパス(熊本県熊本市)
    2015年9月11日
  10. 「酸性ペプチドを用いたマイクロウェーブによるカルシウムのミネラリゼョン制御」
    圓東那津実、臼井健二
    第47回若手ペプチド夏の勉強会
    アスティかたおか(長野県塩尻市)
    2015年8月9日〜2015年8月11日
  11. 「蛍光標識部位を含むペプチド集合体の細胞送達」
    岸岡紘平、今井崇人、臼井健二、富崎欣也
    日本化学会 第95春季年会(2015)
    日本大学 船橋キャンパス(千葉県船橋市)
    2015年3月27日

先頭へ


2014

招待講演

  1. 「プロテインフィンガープリント法における統計学的解析の基礎」
    臼井健二
    2014年ハイペップ研究所紅葉ワークショップ, ハイペップ研究所、京都府京都市, 2014/12
  2. 「光科学とペプチド工学によるナノバイオへの展開」
    臼井健二
    第12回光科学若手研究会
    大阪府立大学I-siteなんば(大阪府大阪市)
    2014/11

口頭発表

  1. 「光切断リンカーを用いた検出システムの構築」
    岡平理湖、疋田晋也、臼井健二
    2014年ハイペップ研究所紅葉ワークショップ
    ハイペップ研究所(京都府京都市)
    2014/12
  2. 「ペプチドを用いたバイオミネラリゼーション制御」
    圓東那津実、尾崎誠、臼井健二
    2014年ハイペップ研究所紅葉ワークショップ
    ハイペップ研究所(京都府京都市)
    2014/12
  3. 「核酸四重鎖構造を制御する人工ペプチドを用いたDNAナノ構造体の作成」
    臼井健二、岡田亜梨沙、杉本直己
    第94回日本化学会春季年会
    名古屋大学東山キャンパス(愛知県名古屋市)
    2014/3
  4. 「ペプチド集合体をキャリアとする細胞への物質送達の試み」
    岸岡紘平、臼井健二、今井崇人、富崎欣也
    第94回日本化学会春季年会
    名古屋大学東山キャンパス(愛知県名古屋市)
    2014/3

ポスター発表

  1. 「核酸塩基導入ペプチドとプロテアーゼを用いたDNAナノ構造体のスイッチング」
    下岡正幸、岡田亜梨沙、臼井健二
    第31回関西地区ペプチドセミナー
    関西大学(大阪府吹田市)
    2014/11
  2. 「ペプチド-DNA複合体上へのシリカ-カルシウムミネラリゼーション制御」
    尾崎誠、臼井健二
    第31回関西地区ペプチドセミナー
    関西大学(大阪府吹田市)
    2014/11
  3. "Site-Specific Mineralization of Silica and Calcium on DNAs Using a Designed Peptide"
    Kenji Usui, Hiroto Nishiyama, Aoi Yamada, Makoto Ozaki, Takaaki Tsuruoka and Kin-ya Tomizaki
    第51回ペプチド討論会
    徳島大学(徳島県徳島市)
    2014/10
  4. 「PNA含有ペプチドを用いたDNA上でのシリカ-カルシウムの位置特異的沈殿制御」
    臼井健二、尾崎誠、山田葵、鶴岡孝章、富崎欣也
    第8回バイオ関連化学シンポジウム
    岡山大学(岡山県岡山市)
    2014/9
  5. 「PNA含有ペプチドとプロテアーゼを用いた核酸ナノワイヤーの形成制御」
    臼井健二、下岡 正幸、岡田 亜梨沙
    第8回バイオ関連化学シンポジウム
    岡山大学(岡山県岡山市)
    2014/9
  6. 「設計ペプチドとプロテアーゼ、核酸を用いてナノワイヤー構造を制御する」
    下岡正幸、岡田亜里沙、臼井健二
    第46回若手ペプチド夏の勉強会
    京都府立青少年海洋センター(京都府宮津市)
    2014/8
  7. 「人工ペプチドを用いて位置特異的沈殿制御を行いダンベル型シリカ-カルシウムナノ構造体を作製する」
    尾崎誠、山田葵、熊野未里、鶴岡孝章、臼井健二
    第46回若手ペプチド夏の勉強会
    京都府立青少年海洋センター(京都府宮津市)
    2014/8
  8. 「様々な二次構造を持つDNAとヒストン模倣ペプチドの相互作用解析」
    村田耕平、Pramanik Smritimoy、臼井健二、杉本直己、三好大輔
    第46回若手ペプチド夏の勉強会
    京都府立青少年海洋センター(京都府宮津市)
    2014/8
  9. "Designed Small Protein for Controlling Site-Specific Mineralization of Silica and Calcium on DNAs"
    Kenji Usui, Kazuma Nagai, Hiroto Nishiyama, Aoi Yamada, Makoto Ozaki, Takaaki Tsuruoka, and Kin-ya Tomizaki
    The 28th Annual Symposium of the Protein Society
    San Diego, California, USA
    2014/7
  10. "Control of Cellolar Uptake Activities Using Conjugates of Cell-Penetrating Peptides and Organelle-Targeting Signal Peptides with Peptide Nucleic Acids"
    Kenji Usui, Rui Kawatahara, Mami Komada
    The 28th Annual Symposium of the Protein Society
    San Diego, California, USA
    2014/7
  11. 「核酸塩基導入ペプチドを用いたDNAナノワイヤーの形成制御」
    岡田亜梨沙、臼井健二
    第5回 医用・生体材料分科会 「医用・生体材料の高度化技術」
    工学院大学 新宿キャンパス(東京都新宿区)
    2014/3
  12. 「人工ペプチドとDNAを用いたシリカとカルシウムの位置特異的ミネラリゼーション」
    臼井健二、山田葵、鶴岡孝章、富崎欣也
    第5回 医用・生体材料分科会 「医用・生体材料の高度化技術」
    工学院大学 新宿キャンパス(東京都新宿区)
    2014/3

先頭へ


2013

口頭発表

  1. 「核酸四重鎖構造を特定のプロテアーゼ活性により制御するPNA含有ペプチドの構築」
    岡田亜梨沙、臼井健二
    第45回若手ペプチド夏の勉強会
    八王子セミナーハウス(東京都八王子市)
    2013/7
  2. "Designed Peptide Libraries for Cell Analyzing Microarrays"
    Hisakazu Mihara, Kenji Usui, Hiroshi Tsutsumi, Kiyoshi Nokihara
    The 23rd American Peptide Symposium
    Waikoloa HI, USA
    2013/6
  3. 「PNAペプチドを用いたDNA上でのシリカの位置特異的沈殿」
    西山浩人、長井和磨、鶴岡孝章、藤井敏司、富崎欣也、臼井健二
    日本化学会第93春季年会
    立命館大学びわこ、くさつキャンパス(滋賀県草津市)
    2013/3
  4. 「Calpain活性によりDNA四重鎖構造を変化させる設計ペプチド」
    岡田亜梨沙、臼井健二、杉本直己
    日本化学会第93春季年会
    立命館大学びわこ、くさつキャンパス(滋賀県草津市)
    2013/3

ポスター発表

  1. 「遺伝子発現制御に向けた核酸四重鎖構造形成制御能を持つ人工ペプチドの創製」
    岡田亜梨沙、臼井健二
    第30回 関西地区ペプチドセミナー
    神戸学院大学ポートアイランドキャンパス(兵庫県神戸市)
    2013/11
  2. "Site-Specific Control of Silica Mineralization on DNA Using Designed Peptides"
    K. Usui, K. Nagai, H. Nishiyama, A. yamada, T. Tsuruoka, S. Fujii, K.-y. Tomizaki
    4th Asia-Pacific International Peptide symposium/ 50th Japanese Peptide Symposium
    Suita, Japan
    2013/11
  3. 「ペプチドを用いたDNA上でのシリカの位置特異的ミネラリゼーション」
    臼井健二、長井和磨、西山浩人、山田葵、鶴岡孝章、藤井敏司、富崎欣也
    第7回バイオ関連化学シンポジウム
    名古屋大学東山キャンパス(愛知県名古屋市)
    2013/9
  4. "Peptide-DNA Hybrid G-Quadruplex Structures for Regolation of Protein Expression Depending on Protease Activity"
    Arisa Okada, Mai Taniguchi, Kenji Usui, Naoki Sugimoto
    The 23rd American Peptide Symposium, Waikoloa HI, USA
    2013/6
  5. "Control of Site-Specific Silica Precipitation Using PNA Peptides and DNAs"
    Kenji Usui, Hiroto Nishiyama, Kazuma Nagai, Takaaki Tsuruoka, Satoshi Fujii, Kin-ya Tomizaki
    The 23rd American Peptide Symposium, Waikoloa HI, USA
    2013/6

先頭へ



2012

招待講演

  1. 「PNAペプチドを利用したナノバイオテクノロジーへの展開」
    臼井健二
    第29回関西地区ペプチドセミナー
    近畿大学東大阪キャンパス(大阪府東大阪市)
    2012/12

ポスター発表

  1. 「Calpain活性によりDNA四重鎖構造形成を制御するPNA含有ペプチド」
    岡田亜梨沙、谷口真衣、臼井健二、杉本直己
    第29回関西地区ペプチドセミナー
    近畿大学東大阪キャンパス(大阪府東大阪市)
    2012/12
  2. 「特定酵素活性によりDNA四重鎖構造を制御する人工ペプチドの構築」
    岡田亜梨沙、臼井健二、谷口真衣、小林慶太、杉本直己
    第49回ペプチド討論会
    かごしま県民交流センター(鹿児島県鹿児島市)
    2012/11
  3. 「DNA上で位置特異的にシリカ沈殿を制御できるPNAペプチド」
    臼井健二、西山浩人、長井和磨、鶴岡孝章、藤井敏司
    第49回ペプチド討論会
    かごしま県民交流センター(鹿児島県鹿児島市)
    2012/11
  4. 「特定の酵素活性によりDNA四重鎖構造誘起能を変化させる人工ペプチドの開発」
    岡田亜梨沙、小林慶太、谷口真衣、臼井健二、杉本直己
    第6回バイオ関連化学シンポジウム
    北海道大学高等教育推進機構(北海道札幌市)
    2012/9
  5. 「人工ペプチドとDNAを用いたシリカ沈殿の位置特異的制御」
    臼井健二、西山浩人、長井和磨、鶴岡孝章、藤井敏司
    第6回バイオ関連化学シンポジウム
    北海道大学高等教育推進機構(北海道札幌市)
    2012/9
  6. "Designed Peptides with Nucleic Acid Bases for Control of DNA G-quadruplex Structures Depending on Protease Activity"
    Arisa Okada, Mai Taniguchi, Keita Kobayashi, Kenji Usui, Naoki Sugimoto
    The 26th Annual Symposium of The Protein Society
    San Diego, CA, USA
    2012/8
  7. "Designed Peptide with Peptide Nucleic Acids for Addressable Precipitation of Silica on DNA"
    Kenji Usui, Kazuma Nagai, Hiroto Nishiyama, Tamaki Endoh, Takaaki Tsuruoka, Satoshi Fujii
    The 26th Annual Symposium of The Protein Society
    San Diego, CA, USA
    2012/8

先頭へ


2011

ポスター発表

  1. "De Novo Designed Nitric Oxide Sensor Protein Consisted of Iron Complex-Peptide Conjugate"
    H. Miyazaki, K. Usui, S. Fujii
    第48回ペプチド討論会
    札幌コンベンションセンター(北海道札幌市)
    2011/9
  2. "Screening of Designed Peptides for Binders to a DNA G-Quadruplex Structure"
    Noriko Matsui, Keita Kobayashi, Kenji Usui
    第48回ペプチド討論会
    札幌コンベンションセンター(北海道札幌市)
    2011/9
  3. "Development of PNA-Peptides Controlling DNA G-Quadruplex Structures Depending on Protease Activity"
    Kenji Usui, Keita Kobayashi, Naoki Sugimoto
    第48回ペプチド討論会
    札幌コンベンションセンター(北海道札幌市)
    2011/9
  4. "A novel Nitric Oxide Sensor Using Fluorescent Peptides Attached to Iron Complexes"
    H. Miyazaki, K. Usui, and S. Fujii
    22nd American Peptide Symposium
    San Diego, California, USA
    2011/6
  5. "A PNA Peptide Inducing DNAs to form G-quadruplex Structures Depending on a Protease Activity"
    K. Usui, K. Kobayashi, and N. Sugimoto
    22nd American Peptide Symposium
    San Diego, California, USA
    2011/6
  6. 「PNA含有ペプチドを用いてDNA四重鎖構造を特定プロテアーゼの有無によって制御する」
    臼井健二、小林慶太、杉本直己
    第13回生命化学研究会シンポジウム
    東北大学さくらホール(宮城県仙台市)
    2011/1

先頭へ


2010

招待講演

  1. "Data Mining of Protein Fingerprints and Cell Fingerprints from Designed Alpha-Helical Peptide Arrays"
    臼井健二
    第4回 HiPep沖縄国際ワークショップ
    沖縄県那覇市
    , 2010/7
  2. 「タンパク質解析・細胞解析用ペプチドチップ」
    臼井健二
    バイオプロセッシング研究会(バイオ単分子研究会)
    東京
    2010/2

口頭発表

  1. "Designed Peptide Libraries for Protein and Cell Analyses"
    Takuya Kikuchi, Kenji Usui, Tsuyoshi Takahashi, and Hisakazu Mihara
    5th International Peptide Symposium
    Kyoto, Japan
    2010/12
  2. 「生命分子の挙動に及ぼす分子環境の効果(11)核酸四重鎖構造を制御するPNA含有ペプチドの構築」
    小林慶太、臼井健二、杉本直己
    日本化学会第90回春期年会
    近畿大学本部キャンパス(大阪府東大阪市)
    2010/3

ポスター発表

  1. "Nanomolar Aggregation and Neurotoxicity of Amyloid beta Peptides with Site-Specific Modification of Oxidized Cholesterol"
    Kenji Usui, John D. Holleman, Evan T. Powers, Johan F. Paolsson, Sarah J. Siegel and Jeffery W. Kelly
    5th International Peptide Symposium
    Kyoto, Japan
    2010/12
  2. 「核酸の四重鎖構造を特定のプロテアーゼの有無によって制御できるPNA含有ペプチド」
    臼井健二、小林慶太、杉本直己
    第4回バイオ関連化学シンポジウム
    大阪大学豊中キャンパス(大阪府豊中市)
    2010/9
  3. "PNA-Peptide Conjugates for Regolation of DNA and RNA G-Quadruplex Structures Depending on a Particolar Protease Concentration"
    Kenji Usui, Keita Kobayashi, Naoki Sugimoto
    31st European Peptide Symposium
    Copenhagen, Denmark
    2010/9
  4. "Enhancement of Aggregation Energetics and Neurotoxicity by Site-Specific Modification of Amyloid Beta Peptides with Oxidized Cholesterol"
    Kenji Usui, John D. Holleman, Evan T. Powers, Johan F. Paolsson, Sarah J. Siegel & Jeffery W. Kelly 31st European Peptide Symposium
    Copenhagen, Denmark
    2010/9
  5. "Fluorescent and Luminescent Fusion Proteins for Detection of Amyloid Beta Peptide Localization and Aggregation"
    Kenji Usui, Masayasu Mie, Takashi Andou, Naoki Sugimoto, Hisakazu Mihara, Eiry Kobatake 31st European Peptide Symposium
    Copenhagen, Denmark
    2010/9
  6. 「αへリックスペプチドの細胞導入活性スクリーニング及び細胞死活性評価」
    菊池卓哉、臼井健二、高橋剛、三原久和
    日本化学会第90春季年会
    近畿大学本部キャンパス(大阪府東大阪市)
    2010/3

先頭へ


2009

口頭発表

  1. 「発光・蛍光タンパク質を用いたアミロイドβペプチドの局在と構造状態を検出できる系の構築」
    臼井健二、三重正和、杉本直己、三原久和、小畠英理
    第46回ペプチド討論会
    北九州国際会議場(福岡県北九州市)
    2009/11

ポスター発表

  1. "Screening of Peptides with Cell Penetrating Activity Against Various Types of Cells from a Novel Alpha-Helical Peptide Library"
    Takuya Kikuchi, Kenji Usui, Tsuyoshi Takahashi and Hisakazu Mihara
    3rd Asia-Pacific International peptide symposium
    Jeju, Korea
    2009/11
  2. 「種々の細胞系を用いた新規αへリックスペプチドの細胞導入活性スクリーニング」
    菊池卓哉、臼井健二、高橋剛、三原久和
    第24回生体機能関連・第12回バイオテクノロジーシンポジウム
    九州大学医系キャンパス(福岡県福岡市)
    2009/9
  3. 「細胞内外でのアミロイドβペプチドの局在と構造変化を検出できる発光・蛍光タンパク質の構築」
    臼井健二、三重正和、杉本 直己、三原 久和、小畠 英理
    第24回生体機能関連・第12回バイオテクノロジーシンポジウム
    九州大学医系キャンパス(福岡県福岡市)
    2009/9

先頭へ